FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様の話

俺の世界論。

まず、銀河にひとり神様がいると思うのね。
俺たちのことをずっと見てる。
それで、銀河以外にも、金河とか銅河とかいろいろあって、それぞれに神様がひとりずついるのです。

で、なんでこの世界があるかというと、
まず、神様たちの間で誰がいちばん面白い世界をつくれるか勝負しようって話が出ます。

で、それを受けて、銀河の神様は、ビッグバンによる空間と時間の広がりで世界をつくりました。
他の神様がどうやって作ったのかはわかりません。
時間と空間に生きている我々には理解できない概念かもしれないし、
ビッグバンに似たものかもしれないけど
とにかく銀河の神様はビッグバンで世界を創造したんです。


で、そこに太陽系が生まれ、地球が生まれ、水ができて、生命が生まれます。
命っておもしろいからさ。
銀河の神様のナイスアイデアなのです。

で、更におもろいやつ。

人間が生まれたんですね。
理性を持ち、感情を持った生命体。
よくわからん命が生まれたのです。


あ、神様っていうのはすべてを創造してますから何でもありです。
小指で弾くくらいの労力で、人ひとりの運命を転がします。 だから努力が報われなかったり、不条理が生まれたり、宝くじが当たったりするんです。

あ、ちなみにこの神様たちは人間に近いものという仮定のもと話をすすめています。

神様はむちゃくちゃな運命を与えたりはしません。
なぜなら、秩序や体系は、世界をおもしろくするからです。
サッカーはルールがあるからおもしろい。
それと同じです。
しょっちゅう無秩序や体系のないカオスなことをやっても、ちっとも面白くありません。

僕らは神様の創造した銀河系の中の要素の一つでしかありません。
イメージはチェスの駒と一緒です。

これが僕の世界観です。
中学のときに考えました。

なぜ、こう考えるのか。

答えは簡単。

希望を持って生きるためです。

努力が報われなかったり
不平等な不幸がおそったりする世の中。

だけど、努力はだいたい報われるし
がんばればいつかはいいことがある。

俺が生きてても意味ないとか
死んだって大したことない
とか言わせない。

物理的に、万物は同じ時間に同じ空間を過ごせない。
ゆえに、同じ存在なんて有り得ない。

どんな人生でも必ず意味がある。
神様が何らか意図して世界を面白くするために選んだ1駒なんだ。

だから生きてけばいいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イソナカ

Author:イソナカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。