FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐライブ!


もうすぐライブがあります。
10月16日(日)@幡ヶ谷36°5

バンド編成ではなく、弾き語りですが、久しぶりのステージなので良いステージにしたいと思っています。


さて、話は変わり・・・んー、自分の話。

もっと肩の力を抜けないものかと思います。
肩こりがひどいんですよ。
っていう物理的な話もまあありつつ、精神的にも。。。

最近、読んだ本。おのころ心平さんの「病気は才能」。

大学に入ってから、健康というものに目覚めた僕ですが、
この本すごくおもしろいです。
どこもかしこも面白いんですけど、少し紹介すると

「炎症は体の丈夫なところに出る」

嘘やん、って思いますよね。
でも、本当らしいです。
プロセスとしてはこう、

①体内で生じた不要なもの、有害なものが排泄し切れなくなる。
②どこかに集めてまとめて燃やしてしまえ→炎症(ほのお!)
③燃やすなら体の丈夫なところで。

ということらしいです。

わたしたち、病気やケガとかあると、すぐイヤな気分になってしまいがちで
まあ、僕も痛いほどよくわかるし、間違っていないと思いますが、
鼻炎、とか
喉痛い、とか
湿疹、とか
で済んでるから、いま普通に生活送れてるんでっせ、っていう考え方もあると思います。
からだが体内の異常を見落とさず、表面に表現してくれるからいまぴんぴんしてるわけで、
もし、何のサインもなかったら今ごろ、ろくに生活できてないかもよ、っていう話。
よく知りませんが、もし、一切そういう機能なくしたら一週間ですらまともに生きれないんじゃないでしょうか(無責任な発言です。)

物事の表面を見て、見てくれが悪いと落ち込みがち。
それもわかる、確かにそういうもんだし、そちらの方が優位かもしれない。
でも、その向こう側を見てあげることで、対象とのディスコミュニケーションは防げるかも(わかりにくい

からだは不調があるとサインを発します。
そのサインをどう受け取るかって大事で、
「うわー、超テンション下がるー」もあれば、
「カラダさん、ありがとう」もある。←うさんくさいよね、こういうの

今のシーズン、なんだかみなさんそろって、鼻がつらそうですが、
一片でも「鼻水ありがとう」って思えたら、少しいいことあるかもしれません。
「ちくしょー、鼻水、あー、もー」ってずっと思ってるよりは絶対いいよね、きっと。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イソナカ

Author:イソナカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。